STAFF BLOG スタッフブログ

超GW! 東京で野球三昧&街歩き観光

2022.05.11

建築部の宮部です。
今回、有給休暇をゴールデンウィークに絡めて、入社以来初めての長期休暇に、
首都圏へ電車移動の一人旅へ行ってきました。

・一日目(表)
 まず、渋谷へ。 よくテレビで見る光景の忠犬ハチ公とスクランブル交差点
  
 東京丸の内駅舎
  
 その後電車乗り継ぎで神奈川横浜へ移動
    路線に迷いあらぬ方向へ(事前の下調べ不足)
 夜の中華街、山下公園、みなとみらいの夜景
   

・一日目(裏)
 横浜スタジアムへ 久しぶりの屋外球場
  

・二日目(表)

 徒歩で街巡り ~ 浅草へ
   
 

 スカイツリーまで 隅田川沿いを
   
 旧安田庭園からの両国国技館(駅横の施設に土俵あり)
   

・二日目(裏)
 東京ドームへ(併設の野球殿堂博物館見学)
   
 

・三日目(表)
 皇居へ
 天守台から丸の内を(天守復元模型)
   
 都道府県の木(福岡県はくるめつつじ)
  
 大手門 
    
 ここが二重橋
 
 霞が関の横を通り国会議事堂へ
  
 日本武道館(全日本柔道選手権大会が開催中)
 
 靖國神社(気が張り詰めます)
   
 
 慰霊の庭の「さくら陶板」(福岡県)
 

・三日目(裏)
 再び雨の東京ドーム(伝統の一戦)
  

・四日目(表)
 明治神宮へ(原宿が最寄り駅とは知らなかった)
   
 
 豊川稲荷 東京別院へ
  
 迎賓館(前庭から本館)
  
 東京オリンピック関連施設巡り
  五輪橋 ~ 代々木競技場第一体育館 ~ 東京体育館
   
  ~ 秩父宮ラグビー場 ~ 国立競技場(金色ポスト見つけ)
   
 明治神宮外苑いちょう並木(高級外車が多数駐車)
 

・四日目(裏)
 明治神宮野球場(歴史を感じます)
   
 


・五日目(表)
 千葉 幕張海岸へ(あいにくの悪天候)
  

・五日目(裏)
 千葉マリンスタジアム
 帰りの新幹線の時間があるので、残念ながら試合途中で退場
  

・延長
 福岡ドーム
  
 勝利の花火とルーフオープン
   
 やはり福岡ドーム最高 

日々時間に追われる中、休暇期間はゆったりと過ごしてリフレッシュできました。
やはり、たまには休暇も必要ですね。

子どもの誕生日ドライブ~宮地嶽神社へ

2022.04.26

皆さんこんにちは!  建築部の蓮田です。
4月に入り、夏日ともいえる気温になってきましたね。”4月はこんなに暑かったっけ?” と思ってしまうほどです。

今月は、娘の誕生日がありました。
無事に5歳になり年中さんになりました。
お転婆娘ではありますが、すくすく育ってくれています。

そして娘のお誕生日祝いに、宗像にあります「宮地嶽神社」へドライブがてら行ってきました。
お天気に恵まれ、境内へ入るころには汗ばむほどでした。
   
この参道が「光の道」なのですね。実は初めてです。
    

   フクロウもいました!     御手水がアートのようで、娘は大喜びでした。
        

   教育の賜物?? きちんとお辞儀します。
   

奥の院の参道には八重桜が咲いていました。きれいなピンク色でかわいらしいです。
   

あんこが苦手な娘ですので、参道の松ヶ枝餅には見向きもしませんでした(笑)
母同様、神社めぐりが好きな娘ですので、次はどこへ行くか計画中です。
参道の食べ歩きもそろそろできるかな?
食べることも大好きな娘ですのでこちらも楽しみですね。

住吉神社、楽水園 ー福岡市博多区ー

2022.03.25

こんにちは  建築部 宮部です。

現在従事している現場の住吉地域には、筑前國一之宮「住吉神社」があります。
住吉神社には、現場の「地鎮祭」を執り行っていただきました。
    

歴史は1,800年以上前に遡り、全国にある住吉神社の中でも、最初の神社と云われています。
  
社殿は「住吉造」と云われていて、神社建築史上最古の特殊な様式だそうです。
国の重要文化財に指定されています。
    

住吉神社は相撲の神としても広く尊崇され、日本相撲協会の公式行事として、九州場所前に横綱の土俵入りも開催されています。
季節を通しての行事として、子供の健やかな成長と無病息災を願う赤ちゃんの土俵入りや地域の少年相撲なども行われています。
  
建立されている〖古代力士像〗は、手のシワの形が《力》という漢字に見える事から
その手に触れると力がもらえると云われるパワースポットとなっています。
    

このあたりは中世の終わりころまで博多湾が湾入していたそうで、神社内に掲示されている古図にも表れていました。
  

住吉神社横には、明治時代に建てられた博多商家の別荘を改築した日本庭園「楽水園」があります。
  
楽水園を囲んでいる壁は「博多べい」と呼ばれています。
豊臣秀吉による博多町割の際に、戦災からの復興を願い、戦火で焼けた石や瓦を土の中に塗り込んだ、博多独特の文様が目を引く塀です。
    
※「博多べい」は、櫛田神社内にもあるそうです。

これから 桜・新緑の季節です。
博多の街を散策するのもいいですね。

油山登山(標高59,700㎝)

2022.02.01

みなさまこんにちは! 小山です。

福岡市民になり44年を過ぎましたが、初めて福岡市民の山「油山」に登りました。
偶然にも駐車場で以前阿蘇神社でお会いした女性(美魔女?)と一緒に登ることになりました。

登山のコースは A、B、Cの3コースがあり、
今回はBコースから登り、Cコースから下山する「周遊コース」に挑戦することにしました。
         
    【中央広場入口】        【コース案内看板】

Bコースには所々にアスレチック設備があり、体験することができます。 
子供さんは楽しく遊べると思います。
        
   【アスレチック設備】     【大人も十分楽しめます】

コースの途中に、福岡の紅葉シーズンではおなじみの「もみじ谷のつり橋」を渡ることが出来ます。
紅葉シーズンは絶景が堪能できることでしょう。
        
   【もみじ谷のつり橋】     【つり橋を持上げる怪力?】    

油山の登山は、登りも下りも7~8割方は階段で相当にきつかったです。
登山道の脇では、私の干支である猪が夜中に遊びまくった痕跡がありました。
そのために草スキー場は閉鎖されていました。
        
   【階段の登山道】        【イノシシの夢の跡】

頂上付近の気温は4℃しかなく、まだ雪が残っていました。
雪が積もると、どうしても雪だるまを作るのは日本人のDNAに刻まれた性でしょうか!!
         
      【残雪】        【スヌーピーに似た雪だるま】

福岡市の名山「油山」の登頂に成功しました!!
3,700sの時間を要しました。
頂上を征した者しか味わえない絶景を見ることが出来ました。
        
 【登頂成功!(59,700cm)】    【福岡市内を望む】

Cコースの下りの途中に巨石がありました。
知り合いの女性は小さいのですが、比べると、その大きさがわかると思います。
   【巨石】

終着の登山口では、見ごろは過ぎましたが ”お疲れ様でした” と椿の花が迎えてくれました。
   【椿の花】

※ 登山は頂上を征するのが目的ではなく、無事に家に帰ることが目的だ!!
      By小山(誰かのパクリ?)

新春祈願祭 警固神社

2022.01.17

こんにちは! 総務部の黒川です。
本年もよろしくお願いいたします。

2022年の新しい年を迎えましたが、また新しいコロナウィルスのオミクロン株が猛威を振るってますね・・・

今年の健康と安全を願い!! 社員全員で「警固神社」へ新春祈願に出かけました。
        
皆さん、しっかりコロナ感染予防対策で、マスクをして消毒をされていました。

警固神社の手水舎のところに花がたくさん入れてあってとってもきれいでした!
ここもコロナ感染予防のためか、柄杓を置かずにシャワーのように水が出てくるようになっていました。
  

下の写真は、建築部の社員が写したものです。
さすが建築部!! 見るところが違います。
    

そして私は、やっぱり花より団子!!かもです。
鏡開きで、さっそくぜんざいをいただきましたー!!
  

最新記事

  • 2022.05.11

    超GW! 東京で野球三昧&街歩き観光

  • 2022.04.26

    子どもの誕生日ドライブ~宮地嶽神社へ

  • 2022.03.25

    住吉神社、楽水園 ー福岡市博多区ー

アーカイブ