STAFF BLOG スタッフブログ

花見の季節

2018.03.26

みなさん、こんにちは。小山です。

先週末に、会社から信号を二つ渡ったところにある、

共栄建設の庭みたいな (笑)「舞鶴公園」  の さくら の開花状況を見に行ってきました。

全体的には、 2~3分咲き くらいかなと思われます。



-お堀からの眺め-




-開花状況-

仮設トイレや屋台の設置も順調に進んでいて、花見客の受入れ体制も整っているようです。



-天守台からの眺め-



絶対に見に行ってもらいたいの場所は、

‟ 天守台跡 ” です。

桜が満開になったら

桜の雲の上にいるような

錯覚に陥ることと思います。






また、以下の催しがあり、

幻想的な夜桜が鑑賞できると思います。


今週が花見のピークになると思いますが、

まだまだ夜は冷え込みますので、

防寒対策を忘れずに !!

さくらまつりランタンプロジェクト

3月27日~4月8日


夜間ライトアップ

3月24日~4月8日






梅の太宰府

2018.03.09

皆様こんにちは。建築部の宮部です。

暖かい陽気に誘われて、「太宰府天満宮」 に出かけてきました。



参道は、多くの観光客で、人人人!!

外国からも多くの参拝者が訪れています。


土産物屋も、とても賑わっています。



太宰府天満宮は、

菅原道真公の御墓所の上に御社殿を造営し、

その御神霊を永久にお祀りしている神社です。

(道真公の御亡骸を牛車に乗せて

進んだところ牛が伏して動かなくなり、

道真公の御心によるものであろうと、

その地に埋葬されることとなりました。)



心字池(心 の字に形造られている池)

にかかる御神橋を渡ります。


これら「太鼓橋」、「平橋」、「太鼓橋」の

三つの橋を渡り、心身とも清められます。


この橋は、過去、 現在、 未来

をあらわしているそうです。




①太鼓橋



②平橋



③太鼓橋

楼門をくぐり本殿へ。





本殿前の飛 梅

(道真公を慕って、都から一夜にして飛んできたと伝えられる由縁の御神木で、

毎年境内にて一番に咲き始めます。)




「曲水の宴」 が行われていました。

(平安時代の宮中行事を今に再現する禊祓の神事)




【 十二単をまとった姫をはじめ

平安装束に身をつつんだ参宴者は、

曲水の庭の上流より流されてくる酒盃が、

ご自身の前を過ぎる前に和歌を作り、

お酒をいただくという雅な神事 】





観覧者が多く近づけず、見られませんでした

この一日、いろいろな種類の梅の花を見て、春を感じてきました






最新記事

  • 2018.03.26

    花見の季節

  • 2018.03.09

    梅の太宰府

アーカイブ